育児

【育児】子供と一緒に取り組む SDGs_食品ロスをきっかけに

子供と一緒に取り組む SDGs_食品ロスをきっかけに

 

みなさんこんにちは。シキナリです。

 

今日はユニー株式会社が行う子供と一緒に取り組む SDGsについてご紹介します。

 

 最近テレビやネットでも時々話題になることが多くなってきたSDGs(エスディージーズ)という言葉。

 

皆さんSDGs(エスディージーズ)とはご存知ですか!? 

 

聞いたことがある人もいれば、そんなことは知らないという人もいるでしょう。

 

そこでユニー株式会社が行う子供と取り組む SDGsの 取り組みについてご紹介します。

 

SDGsについて

まずSDGsと何かご紹介します。

 

SDGsとは持続可能な開発目標【SDGs(Sustainable Development Goals)の略称のことを言います。

詳しい情報は以下のとおりです。

 2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

引用元:外務省HP

 

より詳しいSDGsの情報については下記のリンクをご参照ください。

SDGsについて(PDF)(外務省HPへリンク)

 

SDGsとは少し小難しいところがありますが、

 

簡単に言うと、、、

国際連合が定めた17の項目のことについて地球に暮らす全ての人が教育、環境、格差の解消、経済成長などについて2030年までに取り組むことを求められていることを言います。

 

持続可能な社会とは!?

持続可能な社会とは、次のようなことが言えます。

 

今だけのことではなく、みんなが大人になってからずっと先の未来まで、人間だけでなく動物や植物などの生き物が安心して暮らせるように習いといけません。

 

できるだけゴミを減らし、また新しいものが生まれ変われるように、地球が温かくなる原因の二酸化炭素などの発生を防ぎ、地球がずっと続いていく社会を作ることの仕組みを「持続可能な社会」と言います。

 

持続可能な社会を目指していろいろな環境の取り組みを行っている

・循環型社会の形成(リデュース、リユース、リサイクルでゴミを出さないこと)に向けた取り組みとして、リサイクル工場の見学を子供と一緒に行なっています。

 

牛乳パックのリサイクル工場に行き、牛乳パック類をリサイクルしてトイレットペーパーを作る工場見学を行ったり、

 

巨大なトイレットペーパーロールがあるのを子供が見学することができます。

 

またユニーは地域の小学校や児童館に出向いて「地球にやさしいお買い物」の講座を開催しています。

 

・低炭素社会の形成(二酸化炭素などの発生を抑え地球温暖化の防止をすること)の取り組みとしては、モンキーサマースクールという取り組みをしています。

 

自然と生き物文化についての体験学習を行い、みんなで葉っぱを集めおやつ作りをして猿のことを学んだりしています。

 

また、夏休み自然探検隊という取り組みでは、世界遺産の白川郷の自然の中で体験学習を行い、全国から集まった友達とグループになって、昔の人の知恵を学んだり、小川の水流で実験をしています。

 

・自然共生社会の形成(色々な生き物と一緒に生活し、そして生き物たちからの恵みを得られること)の取り組みとして、循環型農業体験 と言う食べられなかった食品が再生資源になる食品リサイクルの輪の見学と農業体験を行っています。

 

また、色々な生き物と一緒に生きていることを学んだり、畑の恵みを頂く体験として、いもや野菜の収穫を子供達が主体となって行っています。

 

ユニーが特に力を入れているSDGsの取り組み(食品ロス)

ユニーでは、お店の中のレストランでの食べ残しや、お弁当を作ったり魚を加工する時に出る生ゴミを「食品廃棄物」と言います。

 

ユニーでは食品廃棄物をなくす活動に力を入れています。お店と地域の人が協力しあってリサイクルの輪を作ることを目指しています。

 

お店から出る容器や生ゴミはどうしているのか?

お店から出たゴミは、売り場ごとにリサイクルするために分別し、計量器で重さを量ります。

 

そして、ゴミを出した売り場やゴミの種類・重さのデータがシールで発行されます。同時にお店とユニーの本社の機械に記録・集計され、ゴミを出したテナントや売り場に毎月報告がされます。

 

最後に計量したゴミはそれぞれ温度管理された「廃棄物庫」で保管されます。腐りやすい生ゴミなどは冷蔵保管されます。

 

お店から出るゴミの半分はダンボールと紙!?

ダンボールはお店に商品を運んで来て、使い終わるとゴミになります。ダンボールはリサイクルできますが、たくさんの水とエネルギーを使います。ダンボールの使用を減らすためにユニーでは、何回も使えて折りたためるコンテナ「オリコン」を使っています。

 

お店から出るゴミの割合は51.2%がダンボールおよび再生紙、22%が食品ゴミ、20.4%が焼却ごみ、6.4%が不燃ごみの割合になっています。つまりダンボールと神のゴミが半分以上もある状態になっています。

 

食品リサイクルの輪手つなぐ命

お店から出る食べられなかった食品をリサイクルして肥料をや飼料を作ります。それらで育てた野菜や動物のお肉は、再びお店に並べて消費者に届けます。

 

食品リサイクルの輪について

①消費者:野菜やお肉を買う、食べる

↓お店から出た食べられなかった食品を捨てないでリサイクルします

②再生利用事業者:農業生産者が必要としている品質の高い肥料や飼料を作ります 

③農業生産者:リサイクルされた肥料や飼料を使い、安全で安心な農畜産物を作ります

④ユニーのお店:・リサイクルして作った農畜産物を販売します

        ・品質を保つために施設や容器の整備を行います

        ・食べられなかった食品を分別し、計量します

↓エコ野菜売り場では、生産者の顔が分かるシールを貼り付けて消費者に届けます

※①から④へ一巡して食品リサイクルの輪が形成されます。

※食品リサイクルの輪をより良いものにするためにユニーや消費者、再生利用事業者、農業生産者が集まって意見交換をして食品リサイクルの質を高めます。

 

まとめ

ユニーが力を入れている食品廃棄物はよく「食品ロス」と呼ばれています。

 

食品ロスとは食べられるのに廃棄される食品の事を言います。

 

おおよそですが、日本で年間約2,800万トンの食品廃棄物が発生しています。

 

そのうちの約643万トン(平成28年度推計データ_農林水産省調べ)が食品ロスと言われています。(このデータは令和元年11月11日現在最新データです。)

 

すべての国民が毎日ご飯1杯相当の量、約134グラム の食品を食べずに捨てているという計算になります。

 

また、食品には消費者の手元に届くまでに肥料や飼料の製造、生産に要する労働、加工・包装・運搬頭のエネルギーがかけられています。

 

それにもかかわらず、食べられる食品を廃棄することは、もったいないことです。

 

また二酸化炭素の発生にも繋がり温暖化の促進を強める要因となり大きな課題となっています。

 

 今回はユニーが取り組むSDGsの中でも「食品ロス」に焦点をあててご紹介しました。

 

「食品ロス」を見直すことは誰でもできることだと思いますので、身の回りの食品を見直すことからSDGsへの取組みを初めて見るのはいかがでしょうか!?

 

今日はここまでです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ABOUT ME
シキナリ
シキナリ
2児(女,女)のお母さんです。子供の中学受験に向けて奮闘中。